古美術の選び方について考える 古美術の選び方について考える

image種類の多い茶道具はデザイン性で価値が変わります

image

1つのくくりとして呼ばれる茶道具には、多種多様な種類があります。例を挙げると、棗と呼ばれる種類があるのです。それはお茶を入れる用の容器の1つになりますが、デザイン性に大きな特色があります。漆塗りでとても美しいデザインに仕上がっている事が多く、たくさんの方から非常に価値が高いと判断をされている事が多いです。ちなみに棗とはいっても、長棗や平棗などいろいろな種類が存在します。さらに茶入れと呼ばれる種類もあります。それらはお茶の中でも、比較的濃いタイプを入れておく為に用いられます。

茶入れは陶器で作られている事が多く、値段も全体的に高めな傾向があります。ちなみに国産より外国製の茶入れの方が、全体的に価格も高い状況です。また茶筅は、お茶を立てる為に必要な道具で、形も少し独特ではあります。種類も豊富で、珍しい茶筅を集めているコレクターの人々も少なくはないです。

その他にも、茶杓という種類もあります。抹茶を作り上げる為の道具なのですが、以前使い捨て用の道具と見なされていた事もありました。しかし歴史の長さを感じさせる茶杓などは、かなり価値も高い傾向があります。もう1つは釜です。お茶を沸かす釜のことですが、たまに風呂釜などという表現が用いられる事もあります。全体的に釜は、デザイン性が重視される場合が多いです。美しい見た目の釜などは、やはり価値があると見なされます。それと棚です。茶室を彩る上でとても重要な道具ですが、主に水差しなどを置いておく為に使われることがあります。そして棚は、一般的には少々ぜいたくな品物と見なされる傾向があるのです。したがって棚という茶器は、価格も総じて高めな向きがあります。その他にも扇子などもあって、男性用女性用の2種があります。合わせて使われる事は少なく、1種のアクセサリーとして使用される傾向があるのです。

このように茶道具は、実に豊富な種類があります。全体的に見た目が重視される事が多く、デザイン性の高い道具は、価値の高いものと見なされます。