古美術の選び方について考える 古美術の選び方について考える

image専門業者で茶道具を買取してもらいましょう

image

昔茶道をやっていた人や、茶道具を昔収集していた、身内から譲り受けた人の中には、いつの間にか不要と感じ引越しや断捨離がキッカケで処分してしまおうという人もいるでしょう。しかし、近年のテレビの鑑定番組を見ても分かるように、価値の高いものであれば骨董収集家の中でもまだまだ注目されており、名のある作者のものであれば思っていたよりも、もっと高い値段が付く可能性があります。

オークションサイトでもたくさんの茶道具の出品が連日あり、人気流派の商品ともなれば、入札価格があっという間にうなぎ上りする可能性が存在します。従って、家に眠っている茶道具を要らない物として出したい時は、下手に自治体の回収サービスに出すよりは、適正に価値を見極められる専門買取やオークションに出品した方が、持ち主も満足できる処分がしやすいです。

中でも茶道具を買取業者に査定してもらう方法は、リユースショップやオークションより持ち主が自腹で支払う手間賃を少なくできるので、自分の懐に入ってくる利益が増加するメリットがあります。それに茶道具の買取サービスでは、店舗に対しての持ち込みだけでなく、宅配で送る手段や鑑定員に自宅に来てもらう手段も選択でき、時間の節約はもちろん運搬中の破損事故で思わぬ価値を損なうリスクも回避できます。もし茶碗以外に茶杓や花入など複数のオプション品も所持している場合は、木箱や袋も合わせて出す事で、基本の買取価格に更にボーナスの査定額を上乗せされるチャンスもあるので、くれぐれも勝手な自己判断で処分してしまわないよう注意が必要です。

ちなみに茶道具を専門業者に買取してもらうメリットには、少々の色欠けやヒビが入った物であろうと、査定対象として歓迎してもらえるところがあります。オークションやリサイクル店だと傷物に対しては対象外としてシビアな対応をするケースが多いですが、買取の場合は茶道具の文化や知識に精通した鑑定員が直接品定めをします。そのため、明白な汚れがある物でも専門買取事業者は平等に査定をする寛容さがあるので、少しでも高い見積もりを希望するなら、良い買取業者に引き取ってもらうのが賢明な判断です。