プログラマーの仕事はスキルが重要!

プログラマーが転職するときは異なる職種の方が転職するのとは別で、プログラマー自身の有能さによるものが圧倒的にでかく、実力がきっちりわかる職業でもあります。

ほかに、社会環境が加速度的にIT化し始めたためプログラマーの人数がはなはだ少ないため、売り手市場なところもあります。営業や事務など効果を求めなければとりあえず誰でもやれる業務とは違い、最初から多少のスキルが大事なためやれる人間少ないのです。それにより、就職には実に割のよい職であるといえるのではないでしょうか。

現に、プログラマーは転職にマイナスなイメージはなく、一旦、社会的な常識を身につけたらスキルアップを目標にしてどんどん転職しますし、雇用する側も対人スキルに何もなければ転職回数は過度に考慮しません。

また、プログラマーはPCと自分だけで成立する業務のため費用が少なく済みます。端的に言えば仕事を取ってくるつてさえあれば自分がいればできる仕事であると思います。しかし、先に言及したように実力がきっちと表にでる仕事でもあるので転職が完遂するかどうかは技量次第です。

他方で、プログラマーはIT業界の土方と言われるぐらい体力が資本の職務でもあり、能力が外せない匠とも名づけられています。

お客が示した納期を間に合わせるように幾日も泊まったり、休みが取れないなど、体力が肝心なため、35歳定年説という噂もあるくらいです。そのみか、日進月歩の業界なため、斬新な技術を習得する意欲が必ず必要な仕事とも言えます。

とはいえ、実際に35歳を過ぎたらプログラムできないと思いますか。プログラムは土台は頭脳労働のため、すぐに、衰えるという事はありえません。

cap image

というより詳しさが増えた分、能率的なプログラムを書ききるのだと思います。不眠不休しなくてはならないのも不具合を起こすプログラムを書いてしまうからだと言えると思います。言い換えれば、中年期までに個の相性がはっきりわかるので、転職を考慮する人が多いのでと思われます。しかし、プログラマーにも雑多にあり、プログラムの開発や保守点検、テストや分析等などがあり、個に性に合う業務を選択することが大切だと思います。